2012年06月11日

生理痛の症状について

生理痛の症状ってどんな症状なのでしょうか。生理痛の症状には個人差があって、人それぞれ違うものですが、代表的な症状としては、頭痛、腹痛、腰痛があるんです。また、吐き気や下痢などが起こることもあるでしょう。

生理痛で起こる頭痛は、痛みが強いこともありますし、鈍い痛みが続くと言うこともあります。

あまりにも頭痛がひどくて、一般に売られている鎮痛剤(アスピリン、イブプロフェン、ロキソプロフェン、アセトアミノフェン、ジクロフェナクなどが代表的な成分です)が効かない場合には、エストロゲン製剤を服用すると効果があるかもしれません。また、偏頭痛の薬で痛みが抑えられることもあるでしょう。

生理になってしまった場合には、腰がだるくなるというのは、大半の女性が感じる症状ではないでしょうか。生理の際に腰痛がひどいようなら、骨盤が歪んでいるか、冷え性(生活習慣を改善することで治すことができるといわれています)なのかもしれませんね。

骨盤のゆがみを矯正して、冷え性を解消すると、腰痛も緩和されるといわれているようです。生理の時に腹痛が起きるというのも、症状が出たことがない女性のほうが少ないかもしれません。

下お腹に何とも言えない独特の痛みが走って、うめきたくなるかも知れません。生理の際の腹痛は疲れていたり、ストレス(うつ病やPTSDの原因にもなります)が蓄積されていたりするとひどくなると言われています。それに、冷えが原因になることもありますので、腹巻きやカイロなどを利用し冷やさないようにする事が大切です。

生理中には症状がひどくていつもの暮らしを送ることもままならない場合は、月経困難症と呼ばれます。頭痛や腹痛がひどくて、起き上がれないほどつらいのならば、その原因を検査してみる必要があると言われています。産婦人科を受診するのはとても勇気が必要ですが、市販の鎮痛剤では効果がない時には、思い切って受診してみることがオススメです。
ラベル:生理痛 症状
posted by mjyoshiryoku at 10:00| 生理痛 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年06月10日

生理痛を和らげる方法

生理痛を緩和させる方法としては、とにかく体を温めること。特に下半身は、しっかりと温めるようにして下さい。脚を出さないようにするのはもちろん、腹巻きやレッグウォーマー、厚手の靴下などで、冷やさないようにします。ひざ掛けなんかもいいですよ。飲み物も冷たいものや砂糖を含んでいる物、カフェインが入っているものは避けるようにします。

生理痛を軽くするためには、温かいハーブティーがオススメです。個人差はあるものの、豆乳を飲み続けるようになってから、生理痛が軽くなったという人も多いことでしょう。それに、お風呂に浸かったり、足湯をしたりするのも、血行がよくなって生理痛を緩和できると言われます。

また、歪んでしまった骨盤(寛骨、仙骨、尾骨で構成されており、思春期を迎える頃にそれぞれの骨が癒合して一体化するそうです)を矯正したら、ひどかった生理痛が軽くなったということもあるらしいです。整体(接骨や整骨といわれる柔道整復とは全く異なります)や骨盤矯正体操などで、体の歪みを矯正するのもいいかもしれません。

生理痛を緩和するには、生理中だけではなく、日常的に生活を改善した方がより有効だと思います。食事のバランスに気をつけて、規則正しい生活を送ることで、次にくる生理の生理痛を緩和できるのです。

忙しくてシャワーですませてしまいがちな人は、半身浴や全身浴を習慣にすると、生理痛の緩和だけでなく、免疫力の向上に繋がります。ただし、もしも、婦人病が生理痛の原因だったとしたら、これらの方法を試しても全く効果がないのです。自分なりに努力してみても生理痛が緩和されないようであれば、ぜひ一度、産婦人科を受診して検査を受けてみてください。
posted by mjyoshiryoku at 08:00| 生理痛 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。