2012年06月12日

生理痛に効く薬

生理痛がつらいと、薬を飲んでどうにかしたいと思ってしまいますよね。生理痛に効果のあるという薬はとてもたくさん市販されていますが、人によって最も効く薬の違いがあるのでしょうか。ある人にとっては、エスエス製薬のイブが効果があったけれども、ある人には効かないということもよくあります。それに、同じ製薬会社の生理痛に効果のある薬でも、成分が異なることも少なくないのです。

例えば、ノーシンの場合、ノーシンにはアセトアミノフェンが配合されているのですが、ノーシンピュアにはイブプロフェンが配合されているのです。また、生理痛に効く薬は痛くなってから飲んでも効きが悪いと言われます。
毎月、生理痛で苦しんでいるのなら、痛みが出そうな時に前もって飲んでおくといいでしょう。鎮痛効果が期待できる薬は胃に負担をかけてしまう事が多いので、食後に飲むようにするというのも重要なのです。

毎月、あまりにも生理痛がひどければ、産婦人科で原因を確かめてみてください。子宮内膜症や子宮筋腫などの婦人病が原因なら、治療が必要になりますし、市販の生理痛の薬ではほとんど効果がありません。それに、生理痛に効果のある薬を薬局で購入し続けるよりも、ドクターの処方を受けた方が安上がりになる可能性が高いです。

生理痛の原因によっても、ピルを飲むことにより痛みが軽減される可能性もありますし、坐薬でなければ効果が実感できないと言うこともあります。市販薬で生理痛に効く薬がみつからなかったら、医師に相談してみて下さい。
ラベル:生理痛 効く
posted by mjyoshiryoku at 05:00| 生理痛 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。